厚生労働省認定事業

経験すれば、
その不安は
自信に変わる

個人情報保護方針

個人情報取扱いについて

2015年4月9日改定

この「個人情報の取扱いについて」は、とちぎ若者サポートステーション(以下、本事業という)が、収集し利用する個人情報を対象として、とちぎ若者サポートステーションの個人情報に関する基本的な指針を定めている
本事業では、個人情報取扱い事業者として個人情報を取り扱うに当たって、以下の「個人情報保護方針」を定め、個人情報の保護に関する法律、その他関係法令及び「個人情報の取扱いについて」を遵守する
(なお、ここでいう個人情報とは、“生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述、又は個別に付けられた番号等によって当該個人を識別できるものを含む”ものを指す)

個人情報保護方針

  • 事業の内容及び規模を考慮した適切な個人情報の収集、利用及び提供を定めた本事業内規則を遵守する
  • 個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどに関して、予防処置を講ずるとともに、万一の発生時には速やかな是正対策を実施する
  • 個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守する
  • 個人情報管理の仕組みを継続的に改善する

利用目的について

本事業は、利用目的をできる限り特定した上、あらかじめ本人の同意を得た場合及び個人情報の保護に関する法律、その他法令により例外として取り扱うことが認められている場合を除き、以下の利用目的の範囲内で個人情報を利用する

  • 事業利用者の管理
  • 本事業利用者の登録書作成に伴うハローワークへの情報提供と若者自立支援中央センターへの報告
    (本事業への本登録手続きのため、利用者の居住地を管轄するハローワークへの情報提供を行う)
    (若者自立支援中央センターとは、本事業を取りまとめている(財)日本生産性本部のことを指す)
  • 本事業利用者に対する個別支援プログラム作成
  • 本事業を実施する団体(一般社団法人栃木県若年者支援機構)内での情報共有
  • 必要に応じた支援機関との連携

上記の利用目的以外で個人情報を利用する必要が生じた場合には、以下の【第三者への提供について】に基づき個人情報を利用する

第三者への提供について

本事業では、本事業が収集した個人情報について、以下のいずれかに該当する場合には、第三者に提供又は開示することがある

  • 本人の同意がある場合
  • ・ 人の生命、身体又は財産の保護のために必要な場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合
  • その他法令にもとづき開示・提供を求められた場合

登録内容の開示、修正及び利用中止について

本事業では、業務の適正な遂行を妨げない限りにおいて本人の申出により個人情報を本人に開示する。その際は本事業所定の方法によって本人確認を行う。本人に開示した個人情報に事実と異なる内容があった場合には、直ちにこれを修正する。また本人から個人情報の利用停止の申出があった場合には、直ちにその利用を停止する

「個人情報の取扱いについて」に関するお問い合わせ

一般社団法人栃木県若年者支援機構
とちぎ若者サポートステーション事業

担当 / 中野・塚本

〒321-0964 栃木県宇都宮市駅前通り1-5-13 サエラビル3F

電話 028-612-2341

トップに
戻る